旧バージョンのmacOSを選択してインストーラをUSBに作成する方法

事前に16GB~32GBのUSBメモリを用意します

ディスクユーティリティで下記の状態で消去・アロケーションします。

作業する前に必要なデータはバックアップを取っておくことをおすすめします。

下記のMacOS拡張フォーマットした空き容量が16GB以上を用意してください。

項目内容
名前MyVolume
フォーマットMac OS拡張(ジャーナリング)
方式GUIDパーテイションマップ

USBメモリをMacに挿入してフォーマットし次の操作を実行する。

macOSをダウンロードします

MacのSafariを使ってapp storeから該当のMacOSをダウンロードします。

バージョンの互換性を確認してから望むバージョンをダウンロードします。

互換性を確認する

Macに当初付属していたmacOS のバージョンが、そのMacで使える一番古いものになります。

例えば、出荷時に macOSBig Surを搭載していたMacでは、macOS Catalina以前は使えません。

デバイスがmacOSに対応していない場合は、AppStoreやインストーラが教えてくれます。

現在インストールされているバージョンよりも古いmacOSをインストールしようとすると、

インストーラが、このバージョンのmacOSで開くには古すぎると教えてくれます。

Mac で Safari を使って macOS をダウンロードする

各バージョンのインストーラは、アプリケーションフォルダーに

【macOS[バージョン名]インストール】.appという名前のAppとしてダウンロードされます。

ダウンロード後にインストーラが開いたらインストールをせずにそのまま終了します。

Safariは、以下のリンクを使って、App Storeで古いインストーラを探します。

App Storeからダウンロードしたインストーラは、ダウンロード後に自動的に開きます。

  • macOS Big Sur:Catalina、Mojave、High Sierra、Sierra、El Capitan、Yosemite、Mavericks をアップグレードできます。
  • macOS Catalina:Mojave、High Sierra、Sierra、El Capitan、Yosemite、Mavericks をアップグレードできます。
  • macOS Mojave:High Sierra、Sierra、El Capitan、Yosemite、Mavericks、Mountain Lion をアップグレードできます。
  • macOS High Sierra:Sierra、El Capitan、Yosemite、Mavericks、Mountain Lion をアップグレードできます。

さらに古い以下のインストーラは「InstallOS.dmg」または「InstallMacOSX.dmg」という名前のディスクイメージとしてダウンロードされます。

ディスクイメージを開いて、その中に入っている .pkg インストーラを開いてください。

「[バージョン名] インストール」という名前の App がインストールされます。

その App を「アプリケーション」フォルダから開くと、

オペレーティングシステムのインストールが始まります。

  • macOS Sierra :El Capitan、Yosemite、Mavericks、Mountain Lion、Lion をアップグレードできます。
  • OS X El Capitan :Yosemite、Mavericks、Mountain Lion、Lion、Snow Leopard をアップグレードできます。
  • OS X Yosemite :Mavericks、Mountain Lion、Lion、Snow Leopard をアップグレードできます。

ターミナルで 'createinstallmedia' コマンドを使います

1.起動可能なインストーラとして使う予定のUSB フラッシュドライブやその他のボリュームを接続します。 

2.ターミナルを開きます。

3.以下のいずれかのコマンドをターミナルに入力またはペーストします。いずれも、インストーラが「アプリケーション」フォルダにあり、利用する USBフラッシュドライブやその他のボリュームの名前が「MyVolume」であるという前提になっています。ボリュームの名前が違う場合は、以下のコマンドの 「MyVolume」を適切なボリュームの名前に置き換えてください。

Monterey:

sudo /Applications/Install\ macOS\ Monterey.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

Big Sur:

sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

Catalina:

sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

Mojave:

sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

High Sierra:

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

El Capitan:

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app

* Mac に macOS Sierra 以前が搭載されている場合は、--applicationpath 引数とインストーラのパスを含めてください。具体的な使い方は、上記の El Capitan のコマンドを参考にしてください。

コマンドの入力後に、以下の手順を続けます。

1.「return」キーを押してコマンドを入力します。

2.プロンプトが表示されたら、管理者のパスワードを入力し、「return」キーをもう一度押します。 パスワードは表示されません。

3.プロンプトが表示されたら、"Y"を入力し、「return」キーを押します。進行状況がターミナルに表示されます。

4.ターミナルに処理が終わったというメッセージが表示されたら、ボリュームの名前が、ダウンロードしたインストーラと同じ名前になります (「macOS Catalinaインストール」など)。この時点で、ターミナルを終了し、ボリュームを取り出せます。

USBフラッシュメモリーにMacOSを作成しておくとMacOSを作り直す、複数のコンピュータにインストールするような場合には、毎回インストーラをダウンロードしなくて済むので、あると便利です。

おすすめの記事